Top Page サッカーのアルゴリズム スペースから考える 「スペースを作れ」を読んで

2004年12月06日

「スペースを作れ」を読んで

英国発欧州フットボール事情」を読んで、納得した。
以前から気づいてはいたけど、やっと確信できた。

試合中に、「味方が近くにいっぱいいる」って感じる事がある。
そして、そう感じる時はいつも、いい試合ができていない。

広がれずに近寄ってきてしまうのは、
「仲間を助けよう」って意識が強すぎるからなんだろうか?
自分の役割が解っていないからなんだろうか?

仲間を信頼できない訳じゃないと思うけど、なぜだろう?

「ボールを取った選手に何となく近づいてくる」っていうこの感覚、
幸か不幸か僕にはこの感覚が理解できない。
理解できないから、考えてみようと思っている。

Trackback URL

Trackback

» いつ?どこに?どうやって? from footbrain

「スペースを作る」時だけじゃない。サッカーはいつでも、どんなポジションだったとしても、
「いつ?どこに?どうやって?」って考えるものなんだな。

続きを読む »