Top Page サッカーのアルゴリズム いつ観るのか?

2005年06月15日

いつ観るのか?

いつ?という事なら、答えは簡単。
ボールを持っているときと、ボールを持っていないとき。
だってこの二つしかありえないんだから…

ボールを持っているときは、ボールをどこへ運ぶかを判断するために観る。
ゴールへ運ぶのか、味方に運ぶのか、自分に運ぶのか。

ボールを持っていないときは、人をどこへ動かすかを判断するために観る。
自分をどこへ、相手をどこへ、そして味方をどこへ。

では、この二つの「いつ」では、どちらが難しいか?
僕は、ボールを持っているときに見ることのほうが、難しいと思う。

また、この二つの「いつ」では、どちらの機会が多いか?
これは当然、ボールを持っていないときが、圧倒的に多い。

だけど、どちらが大切かを考える必要は無い。

Trackback URL

Trackbacks

» 2008.04.29のさっかーのーとから from footbrain

スクールとかでできないことは、ボールをもってからすぐはんだんできないこと。いつも、ボールをとりかえしてから止まって「なにをしよう」って考えるから相手にまたとられる。だからそこをおとうさんと練習したい。

続きを読む »

» 2007.10.24のさっかーのーとから from footbrain

インターセプトをする事じゃなく、インターセプトした後になにができるかだね。 試合の時もそうだろ? インターセプトは目的じゃないよ、手段だよね。 インターセプトして、次何をしようか困っているようじゃダメだよ。 ドリブルも同じ。

続きを読む »