Top Page 親子で球蹴り off the pitch さっかーのーと 2010 2010.05.30のさっかーのーとから

2010年05月31日

2010.05.30のさっかーのーとから

5月30日日曜日

今日意識する事

  • シュートの優先順位

できなかった理由

  • シュートチャンスをさがして、見つけて、決めるをしなかったから

今日チャレンジするこ事

  • 点が入るまでサポートをつづける

できなかった理由

  • パスを受ける所を仲間から見えないところにしてたから

今日できなかった事

  • 自分でボールを運んでなかった
  • プレーが消極的だった
  • パスカットをたくさんされてた
  • 競らなかった

理由

  • 自分でドリブルしてってシュートする気がないから
  • 失敗しない方法ばかり考えてたから
  • 出す所に自信がないから
  • 相手のミスを待ってたから

直すには

  • FWは「たまにはパスしろ」って言われるぐらいドリブルする
  • 失敗してもすぐとりかえしに行けばいいから自信を持ってプレーする
  • 自分でここに蹴るって決めたら迷わない
  • 自分から動きだして、アクションをおこす
  • FWは『たまにはパスしろ』って言われるぐらいドリブルする」?

    ドリブルする」って部分は間違ってると思うな。
    ドリブルする目的は何?

  • ゴールが大人用で、いつもより大きかったよね。
    だからかな、相手DFの裏にスペースが無かった。
    なのに、裏ばかりを狙ってた。
    ピッチの中で、ただいつもと同じ事を繰り返していただけじゃ、結果は出せないよな。

  • 相手の裏ばかりを狙っているから、ボール際で競り合わない。
    相手がミスをして、裏に零すことばかりを期待している。
    競り合わないから、相手はプレッシャー無く、自由にコントロールできる。
    自分が楽しようとして、実は相手に楽をさせてしまっていた。

    競り合ってマイボールにできれば、相手を一人置き去りにできる。
    万が一、ミスしてマイボールにできなかったとしても、相手にプレッシャーをかけて、仲間のサポートを待つことができる。

    積極的にボールに関わろうとしていない証拠だね。
    楽して結果を出そうとしても、そうはうまくいかないよな。

  • ゴール前が混雑していたから、パスコースが無かった。
    なのに無理してパスをしていた。
    パスコースが無いのは分かっているのに、どうして作ろうとしなかったのかな?

    パスコースを作るためにも、シュートを仕掛ける必要があったよな。

  • パスコースが無いから、パスが来ない。
    仲間はドリブルからシュートを打つ。

    そんな状況でも、こぼれを詰めに走りこんでいたよな。
    これはイイPlayだったね。

    結果的には、自分のシュートが弾かれたところを、自分で詰めて得点にしたじゃないか。

    積極的なプレーには、必ず結果が付いてくるものだよ。

Trackback URL