Top Page 親子で球蹴り off the pitch さっかーのーと 2012 2012.03.11のさっかーのーとから

2012年03月12日

2012.03.11のさっかーのーとから

3月11日日曜日

今日のテーマ

  • 得点

目標

  • 得点するためにゴールへ向かう

ゴールを向いてプレーしたから、たくさん得点できた

スペースを空けるのは自分がプレーしやすくするためと、仲間がプレーしやすくするための2種類がある。だから、自分のスペースを作る事だけ考えないで、仲間のスペースを作る

  • 「自分のためのスペース」と「仲間のためのスペース」って分けて考えてしまうと、自分の動きだけじゃなく仲間の動きもイメージしなければいけない。

    自分の動きだけじゃなく仲間の動きの選択肢も考えなければならなくなるから、選択肢が増える分だけ、判断が難しくなるし遅くなる。

    「スペースを作る」目的が、「プレーしやすくなるため」だとしたら、「自分のため」と「仲間のため」って分ける必要は無いよな?

    「プレーしやすくなるためのスペース」ってのは、裏返せば、相手にとって「プレーしにくくなるスペース」ってこと。
    「相手にとってプレーしにくくなるスペース」を作るためには、相手を見て相手の選択肢だけを考えればいい。

    だけど、相手を「一人ひとり」って見てしまうと、選択肢が増えてしまうから、相手を「一つのかたまり」としてみる。ってことは、自分と仲間も「かたまり」になっていないと機能しない訳か…

Trackback URL