Top Page 親子で球蹴り 「教える」ということ 頭を使ったトレーニング@LNFSイベント・指導者講習会2013

2013年07月18日

頭を使ったトレーニング@LNFSイベント・指導者講習会2013

7月12日に行われた「LNFSイベント・指導者講習会2013」に参加してきました。

この日の講座は競技志向者向けの「頭を使ったトレーニング」で、対象は選手。選手ではない僕がどうしてもこの講習に参加したかったのは、講師であるカンデラスさんのコーチングする言葉とそのタイミングを知りたかったから。できることならカンデラスさんがコーチングしている様子を観察させて欲しいとお願いして、参加資格が無かったところを無理を言って見学というかたちで参加させて頂きました。

カンデラスさんが紹介してくれたトレーニングメニューは、「」。洗練されていて、いたってシンプルなもの。だけど、コートの一人一人がそれぞれの目的(役割)を持っていて、なすべき動作が異なり、故に個々が理解すべき「方法」が単一ではないから、トレーニングが難しく見えて複雑に感じてしまうのでしょう。

」に慣れてしまっているからなのかな?

「分析的トレーニング」では、例えば「向かい合ってパス」のように「方法」イコール「目的」で、ひたすら「方法」を繰り返すことを「目的」としているから。

だから、トレーニングの「目的」や「目標を達成すること」よりも、「方法」に固執してしまう。トレーニング中のカンデラスさんに対する質問は「方法」に関することばかりで、「方法」を説明していても時間の無駄だから、とにかくやってみようとカンデラスさんに促されていました。

肝心の「コーチングの言葉とタイミング」ですが、カンデラスさんはほとんど具体的な指示を行わず、フリーズすることも全くと言っていいほどありませんでした。

フリーズしてしまうと、彼が求める「インテンシティ」を達成できないからなのかな?

カンデラス語録6

インテンシティとは、自分の哲学に基づいた激しさ。ただたくさん走れば、ただアグレッシブにいけばいいわけではない。

選手が獲得しかけている「アイデア」を奪ってしまうことになるから?

カンデラス語録7

監督が、選手の創造性を奪ってはいけない。

カンデラスさんは、両手の人差し指でこめかみのあたりを指さし、ただ一言"talento!"を繰り返していました。

Trackback URL

Comments

comments powered by Disqus