Top Page 見たものと観えた事 試合から AFCアジアカップ予選 対サウジアラビア

2006年11月18日

AFCアジアカップ予選 対サウジアラビア

今野と巻だね。

どこまでもボールを追いかけて守備をするフォワードと、
スペースを使いながら攻撃に参加するディフェンス。

サッカーは野球とは違うんだから、GK以外は絶対的なポジションじゃない。
ここにいて、これだけをするって役割の規制もない。

新しいサッカーを見せてもらったって感じがする。
新鮮と言うほどではないけど、なにか期待できそうな予感がする。
だけど、相変わらずミスが多いね。

噛み合っていないってな感じ。
選手自身のイメージと技術が、選手間のイメージが…

気になったのは、
「速い判断=(イコール)ワンタッチ」って思いこんでいたアナウンサー。
そんな風に言ってくれるなよ。子供達が誤解をする。

ワンタッチで正確にコントロールするためには、
速い判断と正確な技術が不可欠なのは確かだけど、

ワンタッチでボールを繋いで行く事が、必ずしも「速い判断」によるものというわけじゃない。

これを勘違いしてると、リズムが単調になってインターセプトされて自滅する。
悪しきオートマティズムが起動してしまう。

もうひとつ、
巻は千葉に戻ってもあのまんまのスタイルでプレイできるけど、今野は大変だろうな。
Jの全てのチームが千葉みたいなサッカーをする訳にも行かないだろうし、

せめて今の子供達がこのサッカーを引き継げればいいんだけどね。

Trackback URL

Comments

comments powered by Disqus