Top Page 親子で球蹴り off the pitch さっかーのーと 2010 2010.03.16のさっかーのーとから

2010年03月17日

2010.03.16のさっかーのーとから

3月16日火曜日

今日意識する事

  • せめでも守りでも最後まであきらめない

今日チャレンジする事

  • 攻守の切り替えを早くする

今日チャレンジできなかった事

  • 走れる時しか走らないでなまけてた
  • シュートを打たれたらあきらめてた
  • 最後に集中力が切れた

理由

  • 走りすぎてつかれてたから
  • 打たれたらもういきめられた気になっているから
  • 最後の最後で気をぬいたから

直すには

  • つかれててもそこで走るのをやめないで追う
  • ゴールラインをこえるまでゴールじゃない、だからさいごまで追いかける
  • 最後で気をぬいたら意味がない、だから最初から集中しておく

今日できた事

  • シュートへのドリブル
  • 仲間の次のプレーにつながるパス

理由

  • たくさんチャレンジしてたから
  • 次にぬくコースを動きながら作ってたから
  • 仲間の動きをよくみてたから
  • 3人で4人を相手にゲームしていたよね。
    だから、誰かが走りまわらなければ勝てなかった。
    みんなが走りまわれば良かったのかもしれないけど、それができない選手もいる。
    それに、一人が走らない事で相手の動きを止めておく事ができるかもしれないしね。
    でないと、走りっこになっちゃうよな。

    走りすぎてつかれてたから」ってのは、そんな状況だってことが頭になかったから。
    「最後まで走り続けなければ負けちゃう」って分かっていたら、工夫する事ができたはず。

    つかれててもそこで走るのをやめないで追う」って気持ちは必要。
    だけど、これで相手にプレッシャーをかける事はできたとしても、追いついた後のプレーができるのかな?

    ゲームが終了するまで走り続けられる体力と気持ちは絶対に必要。
    そのうえで、頭を使って無駄な走りをしない事、チームで連携する事が必要だね。

    走れる時しか走らないでなまけてた」ってのは、
    「走る」を怠けていた訳じゃなくて、
    「頭を使う」を怠けていたってことだね。

Trackback URL