Top Page 親子で球蹴り 「教える」ということ 「へたくそ」の理由

2007年01月23日

「へたくそ」の理由

チームやグループで練習をすれば、「あの子は僕よりもうまい」とか、「僕はあの子よりうまい」と見て取る事ができます。

じょうずだなって思った仲間や上級生のプレイを手本にする事も、「いつかあんなことができるようになりたいな」なんて、身近な目標を見つける事もできるでしょう。

「うまくなりたい」って気持ちがあれば、自分に足りないものを見つける事もできるはずです。

二人で練習をしている僕らの場合、こどもは何を持って「上手」というのか、そのを知る必要があるのですが、これは大して難しい事ではありませんし、問題ではありません。

うまくなった事は、放っておいても自分で気づきます。
だけど、できた事ができなくなっている自分には、目をつぶってしまうものです。

他の部分で上達している自分を見つけて、それでして止まってしまいます。

こどもは自分に何が足りないのかを自分で見つけなければなりません。
これが一番の問題なのですが、これが上達の方法だと思っています。

「できない」を見つけてあげるのは、僕の仕事です。
だけど、「できない」=(イコール)「へたくそ」ではありません。

こどもがいつまでも「できない」でいるのは、僕が「」だからだと思っています。

Trackback URL

Trackbacks

» 2008.03.15のさっかーのーとから from footbrain

まちがったことをなおすのはかんたん。 でもうまくできたら、どうしてうまくできたんだろうって考えて、 うまくできたことをつづける。

続きを読む »