Top Page 親子で球蹴り 「教える」ということ コーチの言った事だけやっててもできるようにはならない

2017年07月21日

コーチの言った事だけやっててもできるようにはならない

5年前の今日行われたクリニックで、がチームに入って一緒にミニゲームをしていたときのこと。「パス」とか「パスに見せかけてドリブル」なんて声をかけてくれてたんだけど、一緒にプレイしている選手たちは、それがチームメイトとしてのコーチングなのかコーチとしての指示なのか区別がつかず、判断に迷っているみたいに見えた。

そこで、都並さんが選手たちに言った言葉が、これ!

パスって言われたからって、パスしなくてもいいんだよ
パスに見せかけてドリブルしたっていいんだ
コーチが言うことをヒントにして自分で考えろってことだからね

コーチが言う事は、「~をやれ」じゃなくて、言われた事を参考に自分で考えろって意味だから、コーチの言った事だけやっててもできるようにはならない

本来このクリニックは、2011年3月12日に開催されるはずでした。

当初の募集対象は中学校1年生と2年生だったのですが、やる気があれば小学生でもOKとのことで、特別に参加させて頂けることになっていました。

前日の2011年3月12日は小学校の卒業遠足で、よみうりランドに行っていました。「2日連続でよみうりランドなんだ!」と言って楽しみにしていたのですが、この日の東北地方太平洋沖での地震の影響で翌日12日に予定されていたクリニックは中止になりました。

※3月12日(土)に開催予定だった帝京ロンドン学園×東京ヴェルディpresents「イングランドサッカークリニック」は  3月11日(金)に東北地方太平洋沖にて発生した地震の影響で、中止となりました。  詳しくは【こちら】をご確認ください。

その後、東日本大震災の影響で開催日未定のまま延期となっていましたが、サッカーを通して大震災からの復興を示したいという想いのもと、改めて開催して頂けることになったものです。

本来、昨年の3月12日に予定されていた本クリニックは、 東日本大震災の影響で開催日未定のまま延期となっておりましたが、 サッカーを通して大震災からの復興を示したいという想いのもと、 改めて開催させて頂く運びとなりました。

Trackback URL

Comments

comments powered by Disqus