Top Page 親子で球蹴り 「教える」ということ 僕の好きな先生

2005年02月18日

僕の好きな先生

僕の好きな先生は、小学校一年の時の担任の先生。
専門は「体育」だったと思うけど、話がとても面白かった。
いろんな遊びを教えてくれた。
子供の頃は「金太郎」ってあだ名だったと言っていたっけ…

小学校の時の理科の先生も、僕の好きな先生。
科学クラブの顧問で、いろんな実験をさせてくれた。
科学センターに行って、一緒に実験するときも一番楽しそうにしていたっけ…

中学校では、理科の授業が一番記憶に残っている。
教科書には書かれていない面白い話をいっぱいしてくれた。
黒板も滅多に使わないから、真剣に授業を聞いていたっけ…

残念ながら、嫌いな先生もいた。
何十年も使い込んでいるような大学ノートから、黒板に写し書きをするだけで、
教科書を読み上げ、ノートをとらせるだけだった先生。

数学が得意だったのは、理科の先生のおかげだね。
実験が好きだったのは、いろんな遊びを教えてくれた体育の先生のおかげ。

いろんな事に興味を持てたのは、友達のおかげ。
みんな個性があって、趣味も違っていたからね。

Trackback URL

Trackbacks

» 知的に楽しい体育の授業 from footbrain

小学一年生の時、一番好きな授業は体育だった。

続きを読む »