Top Page 親子で球蹴り off the pitch さっかーのーと 2010 2010.04.06のさっかーのーとから

2010年04月08日

2010.04.06のさっかーのーとから

4月6日火曜日

今日意識する事

  • 速効と遅効を使い分ける

今日意識する事はできたか

  • できた

理由

  • 攻めで数的ゆういでは、すばやくカウンターができた
  • 数的不利の時は、チームでポゼッションをして仲間を集めてた

今日チャレンジする事

  • とっぱするドリブルとキープするドリブルと運ぶドリブルを使い分ける

今日チャレンジする事はできたか

  • できなかった

理由

  • 自分が次動きやすい場所にコントロールできなかった
  • 細かいドリブルしかできなかった

直すには

  • 次動きやすい所にコントロールして、どんなドリブルもできる準備をする

今日できなかった事

  • ディフェンスをしなかった
  • ドリブルが消極的だった
  • できる事しかやらなかった

理由

  • 走るのをさぼってたから
  • もっと自分でボールを持てたのにすぐはなしてたから
  • 自分で楽できる事をさがしてやってたから

直すには

  • たくさんハードワークしてディフェンスをする
  • ドリブルで持っていられる時は、すぐにはなさないで運ぶ
  • なまけ者なんだから人一倍くろうする
  • 自分が次動きやすい場所にコントロールできなかった」ではなく、
    正確には、「コントロールする意識がなかった」。
    「次」を意識できなかったってことだよ。

    だから、ピッチの中で試合観戦している時間が長かったんだよな。

  • ピッチが狭く人数が少ないゲームでは、動かないわけにはいかない。
    ポジションなんて関係なくピッチの中を動き回る。
    動きたくなくても、そんな事を考える暇が無いからね。

    ピッチが広く人数が多くなると、
    走る距離も、観なければいけない事も、判断しなければいけない事も、当然多くなる。
    なのに、ポジションなんかに拘って、判断にフィルタをかけてしまう。

    だから、
    ディフェンスをしなかった
    ドリブルが消極的だった
    できる事しかやらなかった

    なんて事になるんだ。

    ポジションなんて気にしなくていいから、任せられた役割を理解しなさい。
    任された役割を、責任を持って行えばいいんだよ。

    そして、気づいた事には積極的に関わる
    そうすれば、知らないうちにハードワークしているはずだよ。
    「ハードワーク」ってのも、そんなもんだと思うな。

Trackback URL