Top Page コンディショニング フィジカル・トレーニング 強化とコンディショニングのイメージ

2006年02月01日

強化とコンディショニングのイメージ

スポーツジムのトレーナーが作ってくれるトレーニングメニューに飽きてしまって、
自分でメニューを作るようになってから、20年近く経つんだ。

最初のうちはただ闇雲に筋肉を大きくして、かえって動きが悪くなってしまったり。
なんの知識もなく、プロテインなんか飲んで思いっきり太ってしまったり。

自分の身体で失敗を体験して、今のメニューに行き着いたんだけど、
内容はほとんど10年程前のものと変っていない。

瞬発力も欲しいし、持久力も欲しい。パワーだってあった方がイイ。
上半身も下半身も鍛えておかなくっちゃ…と、
ずいぶんと欲張りなメニューだった。
今シーズンは登録チームを辞め、怪我のリハビリを繰り返しながら、
サッカーをすることなくトレーニングだけしてきて、やっと頭の切り替えができた。

必要なところだけトレーニングすればいいんだ。
怪我をしないために全身のバランスを整えて、
バランスを保つために弱いところを補強すればいいんだ。

同じ器具だけを使って、同じ部位だけを個別に鍛えていたから、
特定の可動域だけが強くなってしまった。

それぞれの部分がバラバラに動いて連携しなければ、
強い部分と強い部分とを連結する部分が故障する。

故障している間も、別の部分だけ鍛えてしまうから、ますますバランスが悪くなる。

去年の暮れ頃からずっと、図書館に通って関連図書を借りてきては読みながら、
トレーニングメニューを見直してきたんだけど、少しずつだけどメニューが変ってきた。

今頃になって、強化とコンディショニングのイメージが掴めてきた。

Trackback URL

Comments

comments powered by Disqus