Top Page サッカーのアルゴリズム 日本式蹴球 イメージにする

2006年11月08日

イメージにする

パスの質は、「方向、強さ、タイミング」なんて言うけど、

それだけじゃない。
「ボールの回転方向や高さ」も必要だって誰もが思うはず。
だけど、そんなにたくさんの事を一度に考える事は無理だ。

だから、「いつ、どこへ」だけを判断すればいいんだと思うな。
パスの質は、イメージにしていくつものパターンを持っていれば済む。

そのイメージを頭の中のアルバムにたくさん蓄えておく為に、練習をする。
良いイメージだけを残して、悪いイメージはさっさと捨ててしまう。

で、イメージをアレンジできるようになれば「幅」が生まれる。

「いつ」だけど、これも「いつ蹴ろうか?」なんて考えていてはダメ。
考えていては判断が遅れてしまう。

「いまだ!」ってタイミングを逃さないように、集中して観ている必要がある。

とすれば、パスをするとき唯一考えなければならない事は、「どこへ」だけって事になる。だったら簡単だよね。

試合中に考える事をできるだけ減らして、簡単にプレイできるようにする為に、練習中はできるだけたくさんの事を考えて、試して、イメージにする必要がある。

だけど、パスは自分だけのイメージではどうにもならない。
仲間をよく観て、仲間が今持っているイメージも自分の頭の中に描きたい。

イメージで情報交換ができれば、Thinking speedは速くなるはず。

イメージを持ってプレイして、そのイメージを仲間に伝える事が重要なんだな。

Trackback URL

Trackbacks

» パスコースを見つけるには from footbrain

途中アンチェロッティーとデルボスケが日本人参加者からの質問に答えるという場面がありました。 「もっとまともな質問をしろよな。幼いな日本人は…」などと思いながらみていると、 「パスコースを見つけるには?」という質問に対して、…

続きを読む »

Comments

comments powered by Disqus