Top Page LIFE 思案中 いじめの基準

2007年01月24日

いじめの基準

がルールになってしまったんじゃないかなって思った。

ってなんだ?」って考えていたら、
昔、校則が問題になったときの事を思い出した。

そういえば、妙竹林な校則が有った学校、その後どうなったんだろう?

あのときの「校則」っていったい何だったんだ?

「校則」のどこが悪かったんだっけ??
子供のルールは誰がつくるの?
僕らが子供の頃は、子供のルールは子供自身が作ったものだ。
遊びのルールからのルールまで、大人が口を挟む事はなかった。
子供の喧嘩に親が口を挟んだりしたら、町内の笑いものになったよな。
あの頃は、みんなが仲良く遊んで、仲良くケンカした。

いじめってなんなの?
いじめられていた僕でさえ、うまく説明できない。
今になって思えば、僕がいじめる側に回ってしまった事もある。
いじめだって解っていたらやらなかったと思うけど、どうしてなんだろう?

ケンカと「いじめ」はどこが違うの?
ケンカができるような友達にいじめられた事は無かったし、
ケンカできるような友達をいじめる事も無かった。

ケンカのどこが悪いの?
どこで勘弁するかの問題だよね。
そういえば、「」って言葉も最近は耳にしないね。

「勘弁」するのも、子供自身のはずなんだけどな。

Trackback URL