Top Page LIFE 思案中 ぶつかりあう

2007年01月16日

ぶつかりあう

僕らが親父や先生に殴られていた頃、上級生とでも殴り合いの喧嘩をしていた頃には、
いじめは多くなかった。

少なくとも、大人でも子供でも真正面から身体ごとぶつかり合えた頃は、そうだったと思う。

いつの頃からか、他者と真正面からぶつかり合う事が許されなくなり、できなくなった。

正々堂々が無くなり、陰に隠され、曲げられてしまった。
他者と競う事が規制され、人並が好まれるようになった。

主張する事が、いつの間にか好まれなくなっていた。

平等が均一と翻訳されるようになった。
公平が排他に置き換えられてしまった。

自由が野放しになり、いじめがルールになってしまう。

一人が好き、枠に嵌められるのは嫌い。
みんなでやればなんでもできる、ひとりじゃなにもできない。

人の意見は尊重する、自分の意見は無い。


自己が無いから、他者を認められないのか?
他者を認められないから、自己を持てないのか?

他者を認めてはじめて、主張すべき自己があるのにね。
自分を知るために、他者を知る事が大事なんだと思うな。

Trackback URL

Comments

comments powered by Disqus