2011年11月25日

2011.11.25/U-13

Theme:
Movement & Shooting
Keyword(s):
アイデア、選択肢
  1. Warm up

    • 基礎トレーニング

    給水

  2. Passing & Movement

    • DICEattachment

    給水

  3. Passing, Movement, Support play and Shooting

    • 2 vs. 1 + GK
    • NP + 2 vs. 2 + GKattachment

    給水

  4. Game

    給水

続きを読む »

2011年05月21日

2011.05.20のさっかーのーとから

5月20日金曜日

今日やる事

  • 動きながら考えてプレーする

動きながら考えてプレーするためには

  • 動きだけを続けてもなにもならないから、頭、足、目、首、手、口の全部を動きを同じだけ動かす

今日コーチに言われた事

  • ここでは、仲間ともたたかっておたがいをたかめあっていくところだけど、けんかする所じゃない
続きを読む »

2007年01月24日

いじめの基準

がルールになってしまったんじゃないかなって思った。

ってなんだ?」って考えていたら、
昔、校則が問題になったときの事を思い出した。

そういえば、妙竹林な校則が有った学校、その後どうなったんだろう?

あのときの「校則」っていったい何だったんだ?

「校則」のどこが悪かったんだっけ??
続きを読む »

2007年01月16日

ぶつかりあう

僕らが親父や先生に殴られていた頃、上級生とでも殴り合いの喧嘩をしていた頃には、
いじめは多くなかった。

少なくとも、大人でも子供でも真正面から身体ごとぶつかり合えた頃は、そうだったと思う。

いつの頃からか、他者と真正面からぶつかり合う事が許されなくなり、できなくなった。

正々堂々が無くなり、陰に隠され、曲げられてしまった。
続きを読む »

2006年11月17日

いじめられる理由

僕も小学校のときは、いじめに遭いました。

僕がいじめに遭った理由は、つるむのが嫌いだったから。
僕は体格がよく、体力にも自信があり、事実喧嘩が強かった。
自分で喧嘩が強いと思っているから、わざわざ喧嘩をしたいとは思わなかった。
喧嘩をすれば相手が病院へ行くような事になってしまうから、それが怖かった。
喧嘩をして、親に迷惑をかけるような事は決してしたくなかった。

いわゆる「一匹狼」だったんだね。
だから、回りからは浮いていた。

僕と喧嘩をしても勝てない事がわかっているような奴らだから、
僕が喧嘩をしないって気づいていた奴らだから、
集団で陰湿ないじめをした。
みんながやれば怖くないってな感じで、誰もがいじめをしていた。

相手が集団になってしまうと、僕には手がつけられなかった。
続きを読む »

2006年07月11日

言葉の暴力

ワールドカップ決勝戦、イタリア対フランス。

一言で、とても残念な試合だった。

Zidaneはなぜ、あんなことをしてしまったんだろう?

反則を受けたイタリアの選手、あいつはいつも卑怯な手を使うから嫌いだ。

あの反則の前には、両選手ともにボディコンタクトは無い。
口げんかの末に手(頭?)を出しちゃったんだろうな。
続きを読む »

2005年10月14日

大事にしている言葉

僕は小学校一年生の時、「喧嘩じゃなく、スポーツで競え」と教えてもらった。体育の授業中、アンフェアな友人に対し注意をするはずが喧嘩になってしまった時に、担任の先生に言われた言葉だと記憶している。

続きを読む »