2007年02月19日

むずかしいからできない

止まっているボールを蹴り、数メートル先の大きなコーンに当てるだけでイイのに、
これが上手くできない。

指導者講習会で何度かこんなシーンに出会したけど、その度に不思議に思っていた。

ゴルフを始めたときにも感じた事だけど、
止まっているボールに当てるのは意外と難しいんだよね。

キックの精度に関してだけは自信があったのに、これをやらされる度に凹むんだ。
そして思うんだ、「は難しい」ってね。

ところで、あの練習のテーマはなんだったけ?
ペナルティ・キックの練習だったかな??
インサイドキックで蹴るようにと、インストラクターに指示された記憶があるんだけど…

サッカーを始めたばかりの子供にインサイドキックを教える機会があったので、
過去に書いた自分の記事を読み直して確認してみたんだ。

僕がこどもにを教えたときには、止まっているボールを蹴らせる事はしなかった。

どんなときでもボールは動いていた。

ボールを止めるって事を教える前に、ボールを蹴る事を教えているんだから、
考えてみれば当たり前だった。

止まっているボールを蹴ろうとすると、どうしても立ち足をしっかりと固定しようと意識してしまう。

立ち足で踏ん張って蹴り脚を振ろうとするから、蹴り脚の軌道を微調整できなくなる。
こうなったら、点で合わせる事しかできない。おまけにリキんじゃうんだよね。

足の内側で蹴って、自分が思った辺りまでボールが転がっていけばいい。

「むずかしい」って思わせない事と、「できた」って思わせる事も大事なんだよね。

Trackback URL

Comments

comments powered by Disqus