2005年12月08日

それが、その子のものだから。

例えば、ドリブル好きの子供がいて、ボールを取られることが多くても「ダメ」は絶対に出さない。
「それが、その子のものだから。
ある時まで欠点に見えることが、長じて最大の武器になる可能性があることをコーチは知る必要がある」。

と、昨日付け日経新聞の「サッカー大国はいま」に書かれていた。

これは、1990年から2001年までアルゼンチンのリバープレートで下部組織の責任者の地位にいたホルヘ・ブスティ氏の言葉を引用したもの。

続きを読む »

2005年06月29日

World Youth Championship ブラジル対アルゼンチン

インターセプトを狙う選手の動き出しをきっかけにして、ボールを奪うために選手みんなが連動する。

ボールを奪った瞬間も、この連動した動きは止まっていないから、そのまま攻撃するための推進力になっている。

続きを読む »