2010年05月17日

ロングパイル人工芝対応スパイク

こどもが通う練習場のピッチがロングパイル人工芝になり、おかげで、小降り程度の雨なら中止にならずに練習ができるようになりました。しかも、設置する環境に配慮して、ゴムチップを敷かずに済むタイプの高級品です。

だけど、雨に濡れた人工芝は滑ります。ゴムチップを敷かないのが原因なのか、こどもたちの体重が軽いからなのか、ツルツル滑っては転んでしまいます。

そもそも、こどもが履いているスパイクは土のグラウンドで使用する事を前提にしたモノで、スタッドはマルチタイプではありますが、芝に食い込むほどの高さはありませんから、これが原因で滑っているだろう事は推測できます。

足のサイズも大きくなり、スパイクの選択肢も増えたので、ロングパイル人工芝に対応したスパイクの購入を考える事にしました。

続きを読む »

2007年07月29日

AFCアジアカップ2007 対韓国

またですか?

相手は一人少ないはず。
しかも、足が動かず疲労困憊の様子。

なのに、決められないのですか?

続きを読む »

2006年09月12日

ボールの空気圧

昨日の試合球も蹴ってみるとフニャフニャだった。
だけど、試合球を提供したのは僕らのチームだったのだから文句は言えないね。

ルールでは、

海面の高さで0.6~1.1気圧

とあるが、昨日のボールでは0.6気圧以下だったと思う。

なにしろ、僕は几帳面だから、練習の度、ボールを蹴る前には必ず空気圧を調整する。僕のボールは、機能上放っておいても空気が抜けてしまうからね。

で、こどものボールも一緒に、ゲージで量っていつも0.8気圧にしておくから、0.8気圧のボールの蹴り心地は足がしっかり覚えている。(きっぱり、否多分

続きを読む »

2005年10月01日

コオーディネーション・トレーニング

「コオーディネーション」で検索すると、

コオーディネーションのトレーニング―東ドイツスポーツの強さの秘密

コオーディネーションのトレーニング
東ドイツスポーツの強さの秘密
著者: 綿引 勝美
出版社: 新体育社
発売日: 1990/01

がヒットするのだけど、楽天にもAmazonにも現在在庫がない。

続きを読む »