Top Page LIFE 思案中 いじめられる理由

2006年11月17日

いじめられる理由

僕も小学校のときは、いじめに遭いました。

僕がいじめに遭った理由は、つるむのが嫌いだったから。
僕は体格がよく、体力にも自信があり、事実喧嘩が強かった。
自分で喧嘩が強いと思っているから、わざわざ喧嘩をしたいとは思わなかった。
喧嘩をすれば相手が病院へ行くような事になってしまうから、それが怖かった。
喧嘩をして、親に迷惑をかけるような事は決してしたくなかった。

いわゆる「一匹狼」だったんだね。
だから、回りからは浮いていた。

僕と喧嘩をしても勝てない事がわかっているような奴らだから、
僕が喧嘩をしないって気づいていた奴らだから、
集団で陰湿ないじめをした。
みんながやれば怖くないってな感じで、誰もがいじめをしていた。

相手が集団になってしまうと、僕には手がつけられなかった。
僕に対するいじめが続いたのは、僕が決して屈しなかったから。

いじめられてすぐに泣き出してしまえば、終わっていたかもしれない。
先生や家族に話をして、騒ぎにでもなれば済んだのかもしれない。

だけど、僕は一人で、決して屈しなかった。
いじめに屈しないでいるヤツほど、いじめたくなるような卑怯者ばかりだから、
そのいじめが終わる事はなかった。

人の親になった今でも、いじめをしていたって認識は無いんじゃないかな、
あいつらには…

「いじめ」ってのは、強いものが弱いものに対してするものだと思っているから。
みんなでやっている事は、「いじめ」じゃないと思っているから。

みんなと違う事がいけない事だと思っているから。
少数派は諦めなければならない世の中だから。

みんなと同じ事をしなければいけないと教えられているから。

「親に相談しろ」なんて気安く言うけど、親に相談できるぐらいなら苦労はしない。
親には心配をかけたくないから。
親をいじめの対象にしたくはないから。
大好きな人を巻き込みたくないから。

いつも元気で明るく見える僕を、「いじめられっ子」なんて思う人はいなかった。
だから、先生達も気づかなかった。

気づいていても、「あいつなら大丈夫だろう」ぐらいに思っただろうな。
なにしろ僕は、絶対に屈しなかったからね。

こんな文章を読んで、「なんて卑屈なヤツだ」って思うような人は、
知らないうちに誰かをいじめている可能性がある。

そんな気持ちが、「いじめ」の引き金になるんだって解って欲しいな。

Trackback URL