2012年10月24日

2012.10.21のさっかーのーとから

10月21日日曜日

テーマ

  • カウンター

目標

  • ボールを取り返したらすぐ切り替えてカウンターする

少ない時間でチャンスを作れたけど結果を出せなきゃ意味がない。だから、一回のチャンスで決められるように練習から意識する

ボールを受けてくれる仲間がいなかったら声を出して呼ぶ

続きを読む »

2011年12月06日

2011.12.04のさっかーのーとから

12月4日日曜日

今日の目的

  • 勝つ

目標

  • 得点

今日できなかった事

  • 得点

理由

  • シュートを打たなかったから

直すには

  • ゴールに向かう気持ち

できた事

  • ディフェンス

理由

  • 勝つために全力で走って、最後まで足を伸ばしたから
続きを読む »

2011年11月07日

2011.11.06のさっかーのーとから

11月6日日曜日

今日やる事

  • 相手が上がってきたら、相手のうらを取ってカウンターの準備をする
  • ペナルティエリアでボールを受ける
  • 仲間がペナルティエリアに入って勝負しているとき、自分も入ってボールを受ける
  • 前からボールを取りに行く

今日気づいた事

  • 試合に勝つためには、相手を観察する

今日の試合での得点した方法

  • 一人がドリブルで相手を引き付けて、逆サイドでフリーになった人にパスを出した
  • ペナルティエリアの中で、ゴレイロをたおしてシュートした
  • ゴールの近くでファールをもらってフリーキック

理由

  • ペナルティエリアまでボールを運んだから
続きを読む »

2007年01月12日

いじめの構造

の構造は、独裁国家ににている。

自分(たち)に都合のいい法律(きまり事)を作り、
自分(たち)の都合に合わせてそれを行使して、
自分(たち)に都合のいいように裁く。

いじめに遭うのは、
自分と違う者、みんなと違う者、
目立つ者、目立たない者、
個性の強い者、主張する者、
少数派、個人。

いじめグループでも反社会的な集団でも、
なんでも多数派に属している事ができれば、被害に遭うことは減る。

だけど、多数派だからといって支持していいとは限らないよね。
ができれば、いじめは無くなるのかな?
続きを読む »

2007年01月09日

技術レベル

最近、日本人のレベルが高いと評価されているように聞くけど、

個人技のレベルが高いというのは、あくまでも動きが止まったときの技術についてであり、
サッカーの全てのプレイは動きの中で行われるものであるが、その動きの中での技術はまだまだレベルが低い。

監督はインタビューの中で話している。

通訳を介して訳されたを、僕が記録し要約してここに書き写しているので、
断片的な情報だけどね。また、

動きが止まったときの技術=「静的な技術」は、簡単。

だとも言っていた。

続きを読む »

2006年11月07日

Thinking speed

「考える」の次は、"Thinking Speed"。
考える速さを要求されるようになる訳だ。

じゃあ、その「考える速さ」ってのは、どうしたら鍛えられるのか?

いきなり鍛えようと思っても、脳が筋肉痛になっちゃうし、怪我でもしたら大変だから、慣れる事から始めよう。

まず日頃から考える事を習慣づけて、考え始める前に「えーと」とか、「さあ、どうしよう」って言葉を挟まないようにする。

これは、シュートする前に「どっこいしょ」とか「さあて」なんて言わないのと同じ事。

考える習慣ができて、頭のストレッチングができるようになったら、次の段階へ。

続きを読む »