2005年06月29日

World Youth Championship ブラジル対アルゼンチン

インターセプトを狙う選手の動き出しをきっかけにして、ボールを奪うために選手みんなが連動する。

ボールを奪った瞬間も、この連動した動きは止まっていないから、そのまま攻撃するための推進力になっている。

続きを読む »

2005年06月28日

誰のためのデザイン?認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン?
認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)
著者: ドナルド・A. ノーマンD.A. ノーマン
翻訳: 野島 久雄
出版社: 新曜社
発売日: 1990/02

エアコンが使いづらい。
「エアコンが使いづらい」ということは、
9割方、「エアコンのリモコンが使いづらい」ということだ。

おそらく、エアコン本体を作る人とリモコンを作る人は別の人で、
リモコンのボタン配置などの「見た目」のデザインをする人と、
「使い勝手」をデザインする人はまた別の人なんだろうな。

高価な高機能エアコンでは、
リモコンのデザインにどのぐらい開発予算を割いているんだろう?

続きを読む »

2005年06月25日

LIFU 82A-5 ツールボックス

LIFU 82A-5

工具が欲しい。

ドライバやレンチ、スパナは当然、六角レンチやニップル回し、タイヤレバーあたりは持っているけど、BBやクランク、スプロケット用の工具が無い。チェーン切りも無いから、駆動系が全くいじれない。

僕のmc-1に組まれているパーツで特に不満があるとすれば、フロントのチェーンリングだけなんだけど、専用工具って、ただ持っているだけでもいいから欲しいな。

続きを読む »

2005年06月24日

LES MAILLOTS M(レ・マイヨM)

パナソニックが作ると、やっぱりこうなっちゃうんだろうな。
LES MAILLOTS M(レ・マイヨM)だって。

LES MAILLOTS M(フラット)LES MAILLOTS M(ドロップ)

2005年7月19日(火)13時まで、新商品モニター販売しています。

「レ・マイヨ」の検索結果はここ

BP1272とJagwire ADJUSTING BARREL

MDSから注文しておいたパーツが入荷したと連絡をもらったので、Bikeでひとっ走り、取りに行ってきました。

BP1272の受けの部分の深さが7mmなのに、
ADJUSTING BARRELのアウターの長さが12mmあるので、
当然、 ADJUSTING BARRELがBP1272から5mmはみ出てしまいます。

BP1272(左)BP1272(右)

無理して使ってみてもいいんだけど、ぐらぐらしてフィッティングも良くないし、見た目が格好悪い。

続きを読む »

2005年06月23日

Confederations Cup 対ブラジル

まずは、前半の感想。

小笠原が悪すぎる。
上手い選手ではないし、はっきり言って贔屓の選手じゃないけど、
いつもと違う、試合に出られるようなパフォーマンスじゃない。
しかも、ここ一番、対ブラジルの大事な試合なのに…

続きを読む »

2005年06月22日

World Youth Championship 対モロッコ

「運べ」というコマンドで単純にドリブルをするのは、
このロボットの特性だったようだ。
受動的な動きは一応できるようだけど、能動的な動きができない。

積極性のない10番、
突っ立っているだけの9番、
最後まで連動しない7番。

監督は、この選手達に何を学ばせるつもりだったんだろうか?

2005年06月21日

わるいところ、あった?

「きょうは、わるいところあった?」
スクールでの練習が終わると僕のもとに駆け寄ってきて、こう尋ねるようになった。

「きょうはいいところあった?」って、ちょっと前までは言っていたのに、どうしてだろう?

続きを読む »

2005年06月20日

Confederations Cup 対ギリシャ

ゴール前で、難しいパス交換を試みたり、
フリーで狙えるところを、インステップでふかしたり、

なんでもっと単純に、ゴールを狙えないのかな。
そう、大黒みたいにさ。

これでブラジル戦が楽しみになったね。

2005年06月19日

World Youth Championship 対オーストラリア

「運べ」との指示で、タッチライン沿いをドリブルし、ただボールを「運ぶ」。

「運べ」というコマンドで、
サッカーロボットがドリブルをするようにプログラムされているのであれば、
これはプログラムミスだね。

このプログラムは、一台のロボットでのみ実行され、味方ロボットとの連動が無い。

いまどきのロボット好き高校生なら、もう少しまともなロボット・サッカーチームを創ると思うよ。